あいさつ


 第3代校長 品川 秀人

 皆さん、こんにちは。ようこそふじみ野高校のホームページへ。

 本校は、平成25年4月に「ふじみ野高校」として開校し今年で8年目を迎えました。

 「学習とスポーツ・文化活動を両立し、地域に元気と感動・夢を発信できる学校」をめざし取り組んでいます。

 全日制の男女共学校で、普通科と県内唯一のスポーツサイエンス科が併設されています。あいさつが校内に響き合い、明るく元気な学校です。 

 部活動も活発で、毎日、心と身体を鍛えています。運動部は、関東大会や全国大会に出場する部が多くあり、文化部もコンクール等で活躍しています。

 学校行事の文化祭や体育大会では、生徒も熱心に取り組み、多くの感動を味わうことができます。

 

 本校の校歌の一節に「いざ、チャレンジ 感動への道を(栄光への道を)」という歌詞があります。

 生徒達は、「いざチャレンジ」を合言葉に、自分の夢や希望を実現するため日々目を輝かせて生活しています。
 「3つのチャレンジ」

① 自分の可能性にチャレンジ

 勉強も部活動も最後まで諦めず粘り強く取り組んでいます。そして、身につけた学力や技術を実践する文武両道をめざし、自分の可能性を広げています。

② 夢に向かってチャレンジ

 普通科、スポーツサイエンス科の特色あるカリキュラムを通して、自分の夢実現に向けて取り組んでいます。

③ 感動にチャレンジ

 改修された校舎、2つの体育館、各競技専用のグラウンドやコート、格技場、50m公認プール、スポーツサイエンス棟(講義室・実習室・トレーニングルーム)、雨天練習場と充実した環境の中で、学校行事や部活動に取り組み、多くの感動を味わうことができます。 

 ふじみ野高校で、皆さんも 一緒にチャレンジしてみませんか

 

日誌

                               1学期終業式講話

 みなさんおはようございます。今学期は異例の学期となりました。休業期間が長引き、6月から授業が始まり約2ヶ月が経ちました。通常であれば今は夏休みに入っている時期です。明日から約3週間の夏休みとなり、8月24日からは2学期が始まります。新型コロナウイルス感染症の影響により、生活様式も大きく変化しました。感染者も増加傾向にあり、感染拡大が進んでいる状況が続いています。

 正常性バイアスという言葉があります。日が経つにつれて、常態化した日常に私たちの感覚はマヒしていきます。「この位なら大丈夫」「自分は大丈夫」はありあせん。今一度、3月から5月に体験した感染症の脅威を思い出してください。「マスクはしていますか。」「手洗い・うがいを徹底していますか。」「飛沫防止に向けて、ソーシャル・ディスタンスを意識していますか」油断は禁物です。引き続き、感染予防対策を徹底してください。

 さて、今日は1学期のまとめとして、私から2点話します。

 まず、1点目は「学習と生活習慣」についてです。

 今学期は授業日数も少なく、生徒一人ひとりの学力の定着がとても心配でした。今日、1学期の終業式を迎えますが授業日数は約40日でした。例年、1学期は70日ですので、30日近く少なかった計算になります。君たちは、「高校で身につけるべき学力」を3年間で学んでいきます。学習の遅れやつまずく生徒が出ないかとても心配です。生徒一人ひとりが、学ぶことの意義を理解ししっかり取り組んでください。今日は、この後、ホームルームで通知表が渡されます。今学期の頑張りに対する成果を示したものです。休業期間中の課題の取組み、学校再開後の学習はどうだったでしょうか。昨日、成績会議がありました。評価の平均8.0以上のいわゆる成績優良者が沢山いました。本当によく頑張ったと思います。一方、欠点を抱えている生徒も少なくなかったです。とても残念です。欠点科目を抱えたままでいると、進級や卒業が難しくなります。3年生であれば、進路にも影響します。

 自分の夢を叶えるためには、自分の得意分野での学力だけでなく、より多くの事を学んだ人のほうが、選択肢が増えます。「苦手だから」で諦めるのではなく今が踏ん張りどころです。「苦手な科目を克服」、「得意な分野はより専門的なところまで高める」。成績優良者も、欠点保有者も、これからの取組み次第で逆転もあります。原状を受け止め、新たな課題を設定し、2学期に向けて準備をはじめてください。

 そのためには、基本的生活習慣が身についていることが条件です。当たり前のことを当たり前に行動できるよう「凡事徹底」を改めて実践してください。自分の足元をしっかり固めて、健全な体をつくり次の準備に備えてください。

 2点目は「部活動」についてです。

 6月22日から段階的に部活動が再開され、競技によっては、これから埼玉県独自の大会がはじまります。毎日、研鑽を積み文武両道を実践している生徒は頼もしい限りです。部活動を通して、逞しくなってください。「諦めないこと」そして「強い心」を持ち続けることで、目に見えない大きな宝物を手にすることができます。既に3年生が引退し、新しい体制になっている部もあるかと思います。足固めとして、この夏休みは重要なポイントとなります。運動部、文化部、ともに頑張ってください。これから、暑い夏を迎えます。熱中症には、十分注意し取り組んでください。

 部活動に加入していない生徒は、目標を見失うことなく、規則正しい生活を送ってください。

 最後に、短い夏休みとなりますが、全校生徒が事件・事故に巻き込まれず、新型コロナウイルス感染症に対する予防策も徹底してください。生徒一人ひとりが自分を律する行動をしてくれることを期待しています。元気な姿で2学期始業式に会えるのを楽しみにしています。以上で、1学期終業式の講和を終了します。

 令和2年7月31日 

                          埼玉県立ふじみ野高等学校長 品川 秀人