ブログ

マスク工場日記

マスク工場3日目

本日もマスク工場稼働中です。

作業にもだいぶ慣れてきました。ひとつずつ、丁寧に行っています。

フィット感重視の立体タイプなので、手間はかかりますが、生徒たちにより快適に使ってもらえるよう頑張っています。不織布を間に挟み、通常の布マスクよりも目が細かくなっています。

手に入る材料を使い、アイデアを出し合いながらマスクづくりに取り組んでいます。

 

ふじみ野マスク工場稼働

〇 令和2年4月7日(火)

 新型コロナウイルス感染症の猛威が今なお収まらず、緊急事態宣言も発令されることになっており、本校では生徒の安全確保を最優先と考え、4月8日(水)に予定していた入学式を延期といたしました。

 今後は緊急事態宣言の内容などを確認しながら、必要な対応について検討を進めてまいります。

 このような状況の中、本校では家庭科の教員を中心に有志の教職員で生徒に配布できる「布マスク」の製作を始めました。今後もマスクの入手が困難を極めるであろうこと、家庭での在庫が底をつきていくこと、学校が再開されれば、マスクを着用することを強く勧めなければならない状況であることなどが考えられます。不慣れな手作業のため、既製品のように整ったものではないですが、少しでも生徒のためにできることはないかを考え、生徒一人に1枚配布できるように700枚を目標にします。

 登校が再開された時にお渡しできるように、心を込めて作っていきます。

時間があれば、御家庭でもチャレンジしてみてはいかがですか?