ふじみ野高校NEWS

スポーツサイエンス科 3年 スポーツと栄養

令和2年9月30日(水)

 スポーツサイエンス科3年生の科目に「スポーツと栄養」があります。

 本日は、本校と包括協定を締結している「女子栄養大学」から山中 沙紀 様を講師に招き、講義をいただきました。

 外出自粛期間中の食と睡眠に関するアンケートから見られた課題や高校生期に必要となる栄養素がどのくらい必要なのか、自分にはどのくらい不足しているのかなど、スライドを使い分かりやすく説明していただきました。

 骨量、骨密度を増やせる時期は、10代から20代の食生活において、カルシウムをしっかり摂取することが大切なんだそうです。ピークは30代で、その後は緩やかに下降していくだけなんです。牛乳、ヨーグルト、チーズなどの乳製品や小松菜、しらす干しなどカルシウムを多く含む食品や参考となる朝食メニューなどについても学びました。

 ちなみに、埼玉県の体力向上に向けた合言葉、皆さんは知ってますか?

 「コツコツときたえた体は たからもの」

 「骨」のコツと、地道に努力するさまを表現しています。「貯筋」や骨の育成は、高校生時期の今しかできない、そして健康な身体は生涯を通じて「宝物」となることを表現していますよね。