卓球部NEWS

令和6年度②関東予選埼玉県大会 結果報告

令和6年度②関東予選埼玉県大会 結果報告

 

5/3.4.5の3日間、上尾運動公園体育館で県大会が行われました。その結果をご報告します。

〈ダブルス〉
関根・獅子倉 組 県大会デビュー戦勝利!!

1回戦 3-1 草加西 
2回戦 0-3埼玉栄

 

〈学校対抗〉

1回戦 0-3立教新座

大会初日にはシングルスが行われ、
我々ふじみ野はダブルスと学校対抗1回戦が行われる2日目に参加!

ダブルスでは、緊張からか草加西ペアに1ゲームを先行されるも状況を整理してしっかりと動いて繋いでいき逆転勝利!1年生ペアは県の初陣を飾りました。しかし、そのあと埼玉栄にはボコボコにされました。まだまだ修行が足りません。

さて、学校対抗は同じ地区の立教新座。県の抽選会直前に練習試合をして、手の内を知っている同士の戦いとなりました。格上相手に向かっていこうと意気込みましたが、残念ながらストレート敗戦。

〈反省点〉
試合に向けての準備が不十分だったこと。県大会の進み方、アップのタイミング・場所など事細かに伝えてあげるべきでした。部員達に任せる部分と顧問がきちんと教える部分の見極めがまだ足りてません。本部での大会運営と同時に、ふじみ野卓球部の運営もきちんとやらなくてはなと改めて感じる機会でした。
実力的には向こうが上なので、こちらは挑戦していく気持ちを持ち続けていく必要があります。自分たちのペースで試合が終始進むわけでもなく、相手が思い通りのプレーをさせてくれません。そこで、やっぱりできないのかも…と弱気になったり、イライラして自分から崩れていったりということが目立っていました。
私達は、一年生の頑張りや勢いが目立つチームですが、まだまだ足りてないことがあります。ハキハキ声を出し、一生懸命練習する彼らに教えることは何だろう...と思っていましたが、まだまだ伝えられることはありそうです。技術云々よりも、精神性・順序を時間をかけてじっくり作れたらなと感じました。

 

保護者の方々、OBの方々、いつもご支援ご協力ありがとうございます。良い結果はすぐに得られるものではありませんが、彼らが努力した分が実る日を待っていてくれればと思います。次は、6月のインターハイ予選県大会です。あと一か月きちんと練習&中間考査を乗り切り、万全の状態で臨めるようコツコツ頑張ります。応援よろしくお願いします!!

 

(顧問 大竹)