ふじみ野高校NEWS

2013年6月の記事一覧

東京柔道整復専門学校と教育連携に関する協定

 本校は、東京都練馬区にある東京柔道整復専門学校と、「相互の教育交流を通じ、学生・生徒の視野を広げ進路に対する意識及び学習を高めると共に、相互に求める学生像・生徒像及び教育内容に対する理解を深め、それぞれの学習環境の活性化を図る」ために協定を結びました。
 今年度はスポーツサイエンス科1年生が、東京柔道整復専門学校を訪れ、テーピングやストレッチ・マッサージの講義を受ける予定です。
 
 

就職希望者に模擬面接を実施

 6月21日の午後、進路指導部とPTA進路研修委員会が協力して、就職希望者対象に模擬面接会を実施しました。
 企業・事業所の管理職や人事担当、大学の就職アドバイザーなど外部講師をお招きし、10室に分かれて約60名が模擬面接を受けました。就職試験さながらの面接に生徒達は緊張して、返答がおぼつかない場面も。面接後には講師の方から指導講評をいただきました。

陸上競技部2名がインターハイ出場

 6月14日~17日に熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で陸上競技の関東大会が開催されました。この大会において本校3年生の豊川真里奈さんが1500mにおいて2位に入賞しました。また、2年生の下山誠也くんも三段跳びで5位に入賞しました。この結果、2名が7月30日から大分県で開催される全国高校総体(インターハイ)に出場することが決まりました。

体操競技部女子団体インターハイ出場

 6月14日から17日まで彩の国くまがやドームで体操競技の埼玉県高等学校総合体育大会兼全国高等学校総合体育大会埼玉県予選会が開催されました。
 この大会の女子団体総合において、本校は昨年のインターハイと今年度の関東で優勝している戸田翔陽高校、関東大会6位の埼玉栄高校と接戦の末、両校を僅差で下し、初優勝を飾りました。
 この結果7月28日から佐賀県で開催される全国高等学校総合体育大会(インターハイ)への出場が決まりました。
 個人総合でも2年生の新井菜央さんが優勝。新井さんは種目別でも平均台とゆかの2種目でも優勝しています。また、怪我のため関東予選、関東大会と出場できなかった1年の石倉あづさんが、まだ万全ではないものの平均台で2位、ゆかで3位、個人総合でも6位に入賞しました。このほか、2年の佐々木萌美さんは跳馬で3位、入賞はないものの3種目で安定した演技を実施した1年佐藤桃華さんと全員が健闘し、勝ち取った優勝です。(詳細は体操部のページで)
 
 
団体表彰                     優勝杯授与 
              
優勝杯                    個人総合優勝
 
女子個人総合表彰               インターハイ埼玉代表選手

2年生対象に模擬授業実施

 6月13日の5,6限に2年生を対象とした模擬授業を実施しました。上級学校の授業を実際に体験すること、また、就職や公務員受験希望者には対策講座を開講し、進路意識を高めることを目的としています。
 26講座を開講し、生徒はそのうち2講座を選択して模擬授業を体験したり、就職に向けてやるべきことを学んだりしました。
 
 
  

水泳部が西原小学校プール開きで小学生と交流

 6月4日にふじみ野市立西原小学校でプール開きが行われました。このプール開きに本校水泳部7名の生徒が参加し、今年度も模範泳法を披露しました。①クロール、②平泳ぎ、③背泳ぎ、④バタフライをそれぞれ50mゆっくりと泳ぎ、フォームを披露しました。その後、100m個人メドレーと50mダッシュを披露し、小学生から歓声をいただきました。
 泳法披露の後、小学生がプールに入り、25mを泳ぐ途中でアドバイスをしたり、泳ぎの補助をしたりして、小学生と交流を深めました。
 
 

 

体操競技部 新井菜央 関東大会で平均台優勝

 5月31日から6月2日まで山梨県緑が丘スポーツ公園体育館で関東高等学校体操競技大会が開催されました。
 この大会にて本校女子体操競技部は団体で4位入賞を果たしました。
 また、2年生の新井菜央さんが個人総合2位、種目別の平均台優勝、段違い平行棒2位、ゆか4位と健闘しました。応援ありがとうございました。