ふじみ野高校NEWS

2016年7月の記事一覧

おおい祭り

 7月24日(日)に開催されたおおい祭りに生徒会執行部が運営ボランティアとして参加しました。
 当日は本部業務のやこどもみこしの補助、ストリート会場の補助役員として活動しました。
 暑い日差しの降り注ぐなか、汗だくになりながらも一生懸命仕事をさせていただき、とても充実した活動となりました。
 ふじみ野市役所の方々をはじめ、大変お世話になりました。今後ともよろしくお願いいたします。

7月20日(水)

 終業式に先立ち、表彰式を行いました。表彰されたのは、「体操競技部」「陸上競技部男子」「陸上競技部女子」「書道選択者」「俳句入賞者」が全校生徒の前で表彰されました。体操競技部は、男子女子ともに関東大会出場を果たしました。関東大会では、多くの種目で入賞を果たしました。陸上競技部は、北関東大会に出場し多くの種目で入賞を果たしました。

 壮行会では、体操競技部2年三田涼乃さん、陸上競技部の3年塩田クフィー君が「インターハイ出場」を果たしました。大川校長から、「普段の練習の成果が出せるように期待しています。」と激励の言葉がありました。つづいて、生徒会長 波多野君から「全校生徒の代表として、がんばってきて欲しい。」と激励をしていました。

 三田さん、塩田君ともに、「普段の練習の成果が出せるよう、コンディションを整えて試合に臨む決意」を述べました。2人の活躍を期待しています。


避難訓練

 入間東部消防署の御協力を頂き、「防災訓練」を実施しました。
 第1部として、地震発生から火災発生による避難を行いました。消防署の方から、「静かに、スムーズに避難できました。また、通報訓練も完璧でした。この避難訓練は合格点です。」との指導講評を頂きました。
 第2部として、1学年は「消火器訓練」、2学年は「地震体験」、3学年は「けむり体験」を行いました。
 大変あつい時間帯でしたが、生徒は真剣に避難訓練に取り組んでいました。


遠泳実習

遠泳実習 平成28年7月7日(木)~7月9日(土)
 スポーツサイエンス科1年生が、新潟県村上市瀬波海岸で2泊3日の遠泳実習を実施しました。
 スポーツサイエンス科では、普通科よりも体育・スポーツに関する科目を多く履修します。中でも、科目「スポーツⅤ(野外活動)」は、学校を離れた自然環境の中で、互いに協力しながら組織的に活動し、自然に親しみながら行動力を身につけ、課題解決能力を高めていくという特徴があります。ふじみ野高校のスポーツサイエンス科では、3年間で3つの野外活動を履修します。(1年次:遠泳、2年次:スキューバダイビング、3年次:スキー)
 今回の遠泳実習では、最終日に1年生全員が約75分間に渡って大遠泳を行いました。簡単には成し得ないことですが、丹念に準備を重ねた生徒と指導した先生方の見事な成果でした。実習を終えた後の、生徒の自信に満ちたすがすがしい表情はとても素敵でした。
 最初は水泳が苦手な生徒もいましたが、授業の中で少しずつ力を蓄え、1年生全員で今回の結果を得ることができました。ふじみ野高校のスポーツサイエンス科では、運動・スポーツに興味・関心・意欲のある生徒を、適切に指導できる先生方がお待ちしています。是非、本校で野外活動を実践してみませんか。
<統率のとれたスポーツサイエンス科1年生の海に向かった集合風景>
 

選挙啓発活動に参加

7月6日(水)上福岡駅周辺にて、ふじみ野市選挙管理委員の方々と共に選挙啓発運動を本校生徒会執行部が行いました。

「選挙をよろしくお願いします!」との呼び声と共に選挙啓発グッズをお渡ししたところ、たくさんの方々に受け取っていただきました。

生徒たちも選挙に向けて意識を高めていけたようです。




救急救命講習会(教職員対象)

 入間東部地区消防組合消防本部の隊員3名が講師となり、本校のスポーツサイエンス棟講義室で講習会が行われました。本校の初任者教員をはじめとして、多くの先生方が研修を受けました。実技を伴う講習会ですので、心肺蘇生法などについてAEDを使用した訓練となりました。
 学校は安全なことが一番ですが、万が一に備え、教職員も万全の準備をしておく必要があります。また、常日頃から危機管理意識を持っていることが最も大切です。