男子バスケットボール部NEWS

2020年11月の記事一覧

令和2年度バスケットボール新人大会西部支部予選 2回戦結果

11月8日(日)に行われました新人大会の結果を報告させていただきます。

 

 

2回戦 ふじみ野高校 60-66 坂戸高校

   (10-18、19-19、17-14、14-15)

 

ふじみ野高校はシード校のため、2回戦からの参加となりました。

対する坂戸高校は多くのビッグマンを擁するチームです。前日の試合を大差で勝利しており、勢いのある状態での戦いとなりました。

 

この試合のテーマは「リバウンド」でした。決して大きいとは言えない中でチームでリバウンドを奪取することができるか、ボールに粘り強く絡み、2回3回と跳び続けることができるかが勝敗を分けるポイントだと選手たちに伝えて送り出しました。

 

第1Q立ち上がり、ふじみ野高校の3ptが決まりスタートしますが、初戦による固さからミスが続けて起こり、相手の外からのシュートに対応できず、点差を離されてしまいます。第1Qの後半には落ち着きを取り戻し、第2Qでは徐々に追い上げては離され、追い上げては離され・・・という展開で後半に繋げます。

 

ハーフタイムには後半にアジャストした戦い方と、もう一度この試合のテーマを再確認しました。

 

8点差で迎えた後半、互いにインサイド陣のファールに苦しみながら得点を重ねていきます。我慢の連続の中、ナイスディフェンスから速攻に繋げ、流れに乗り、ふじみ野らしいバスケットができましたが、試合終盤の大事なところで相手ビッグマンにオフェンスリバウンドをとられてしまい、あと1歩届かずの結果でした。

 

残念ながら今大会は2回戦敗退となります。

新チームが発足して約2か月、練習がままならず、進み出しては止まり、また進んでは止まりの繰り返しでした。伝えたいことがうまくつたわらないこともありました。それでも懸命に前を向く選手たち。それだけに結果を出してあげられなかったことが本当に悔しいです。

まだまだ練習し足りない部分や課題がたくさんあります。1度リセットして、力を蓄えていきたいと思います。

 

また、今回も無観客試合で行われました。

試合を見に行ってもいいですか?というお問い合わせを複数いただきました。多くの方がふじみ野高校男子バスケットボール部に興味関心をもっていただいていることに感謝しつつ、これからまた前を向いて選手・スタッフ一同頑張っていきたいと思います。

 

応援ありがとうございました。